牧師

stacks_image_42 永原アンディ創(はじめ)牧師は1955年東京で生まれ、神奈川県相模原市で育ちました。20歳まで自覚的無神論者を自認していましたが、後に妻となる真理(まり)さんを通してイエスキリストを主と信じ、クリスチャンとなりました。東海大学を卒業後、結婚し会社員となりましたが、24歳のとき、神が牧師となるように導いておられると確信し、東京神学大学・同大学院での4年の学びの後、牧師としての歩みをスタートしました。
1993年、ヴィンヤードクリスチャンフェローシップで学んだ礼拝の理念、ホープチャペル・カネオヘ主任牧師ラルフ・モアに学んだ牧会の理念によって得られた新しい教会の在り方を実践するために、ユアチャーチの前身であるライトハウスを創立しました。1999年、教会名をその理念をよりよく表すシンプルな名前「ユアチャーチ」と変えて今に至っています。 多くの人がイエスキリストとの出会いによって、新しい人生を歩み始めるのを見られることが永原牧師夫妻の喜びです。
現在は次の世代の教会リーダーたちを育てることに力を注いでいます。夫妻には二人の成人し独立した息子、娘、彼らに生まれた三人の孫がいます。永原牧師の楽しみは週に一度の波乗り、ガーデニング、ジャンルを問わない読書、やはりジャンルを問わずいろいろな音楽を聴くこと、ワーシップソングをつくることなどです。

 

 

stacks_image_6665池田真理牧師は、1984年に神奈川県川崎市で生まれました。高校二年生の時に経験した親しい友人の自死によって、その頃読んだ三浦綾子の著書の影響もあり、キリスト教に興味を持つようになりました。高校卒業間近になって、友人にユアチャーチを紹介され、一年後にイエス・キリストを自分の主と信じる決心をしました。四年間のカナダ留学を経て、大学卒業後は途上国援助をするNGOに二年間勤務しましたが、一年間のベトナム駐在を通して、神様の愛をもっと直接伝える役目=牧師に、神様が自分を呼んでおられると思うようになり、退職。東京神学大学・同大学院で四年間神学の学びをし、2014年3月に卒業しました。
エスニック料理(を食べること)が好きで、中でもベトナムとインドは外せません。他に、ワーシップソングを聴いたりピアノで弾いたりすること、昔のジブリ作品鑑賞、映画やミュージカルの音楽を聴くこと、読書、愛犬との散歩が、池田牧師の楽しみです。